FC2ブログ

オデンカ・ユドウフ

貧乏だけど趣味は持ちたいし、なるべく楽しく暮らしたいのです
-別アーカイブ  [ 2010-06- ] 

夏がくれば思い出す





たまには自分の話でも

高校生時代の三年間、私が全てをささげていたバスケットボール。

最後の夏の大会。



前半五分、ドリブルシュートを狙う俺

敵を交わしてリングめがけてジャンプ。

そのとき相手チームのディフェンスが俺のユニフォームをつかんだ。

「ピピピーッ赤5番ファール!ホールディング!」

バムバムバムバムバムバムババババババ・・・・・・


僕の手からこぼれたボールがコートを転がる。

俺「痛って!」

左胸にチクチクした痛みが走った。

コートに視線を落とすと、ボールの他にもう1つ転がっていくものがあった。

俺「踏むな!」

とっさに両手を広げチームメイトや審判が近づくのを制止し、
ヒザをつき、僕の体から落ちたその物体を確認した。


乳首だ。

さっきまでメッシュのユニフォームから、ちょこんと顔を出していた俺の乳首が
ユニフォームを引っ張られた衝撃で絞首刑にあって転がっていた・・・

あわてて乳首を拾い上げた僕は、ユニフォームの裾をまくり上げて、本来それがあるべき場所に
押し付けてみた・・・

かなり動揺していた。

案の定、ポロリと再びコートに落ちた。
再度拾い上げ、何度も何度も押し付けてみた・・・

やっぱり付かない。

いつの間にか左胸から血があふれていた。


「ピピピーッタイムアウト!白8番チェンジ!」


俺の青春は終った。

あの夏を思い出すと今でも胸がチクチクする。

そのとき取れた乳首の消息は不明。

母さん
僕のあの乳首
どうしたでしょうね




それと不思議なことに、まるで再生ネギのように僕の左乳首は再び生えてきて、元の状態に戻っている。

いや右より大きくて硬い・・・。

これはあれか?骨折すると骨が強くなるとか、そういう類か?


スポンサーサイト



関連記事
[ 2010/06/10 21:30 ] おでん日記 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
スポンサードリンク
ブログランキング

オデンカ・ユドウフ

Author:オデンカ・ユドウフ
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

全記事ってのクリックすると過去記事全部出るの知ってました?私知らんかった
 
ブログ内検索
電卓
電 卓


QLOOKアクセス解析