FC2ブログ

オデンカ・ユドウフ

貧乏だけど趣味は持ちたいし、なるべく楽しく暮らしたいのです

タマネギ苗の定植と、私の筋トレ。

苗床で育苗した苗丈20~25cm、直径5㎜ほどのものを
畝に定植する・・・・とのことだ・・・・

1031たまねぎ苗床

さて、ここで活きの良い苗を選抜して定植となるのだが
御存知の通り、私は間引きが嫌いだ。

すべての苗にチャンスを与えるのが、私のポリシーである。

現時点で他の苗から一歩抜きん出ているとはいえ、長い長い栽培期間
およそ9ヶ月に渡るレースの、ほんの最初のスタートダッシュに勝っただけであり
ホノルルマラソンでスタートと同時にカメラに向かって、ピースピースと全力疾走して
力尽きてしまい、完走すらできないようなタイプの苗である可能性も
否定できないような現段階で、彼らだけを残し、出遅れたものをフルイに掛けてしまうようでは
私のスローライフスピリットはもはや死んだといってもいいだろう・・・

第一に、苗丈20~25cm、直径5㎜という良苗の基準を満たしている
苗なんて、ただの1本もないではないか!?

ようするに我が苗床で優等生と言われる苗であっても、所詮偏差値30の
どうしょもない馬鹿高校において、校内学力テストでトップ争いをしているようなもので
ドングリの背比べならぬ、タマネギ苗の背比べである。

いや、肥料もやらずろくでもない環境にタネを蒔かれて、劣等生扱いは
彼らにとってもいわれの無い話しであろう・・・
まるでサプリメントも与えられず、ジムにも通わせてもらえないにも
拘わらず一生懸命成長しようとしている己の筋肉に対して
「どうしたんだポンコツ!こんな重量もあがらないのか!」と見当違いな
罵声を浴びせているようなものである。

つまりこの劣等苗は私自身であり、私の筋肉はこの苗たちでもあるのだ。
劣悪な環境にもかかわらず、必死にここまで成長したのである・・・・

一人残らず定植してやり、たとえどんなサイズであろうと
全員揃って、来年春の卒業式を迎えた後、紐でくくって軒先にぶら下げてやるのが
スジというものだろう・・・

そういうわけですので。


発芽した苗を一本残らず定植することにします。
かくなる上は開墾済みのすべての耕作可能な面積をすべてタマネギの為の
畝をつくってやることにします\(^o^)/

1031たまねぎ苗



タマネギに対する私の歪んだ愛情は、黒柳徹子の髪型へのこだわりにも負けない自信があります。
ちなみのこの徹子さんのタマネギヘアーは、彼女の大好きなマリー・アントワネットの髪型を
真似たものなのだが、そのマリー・アントワネットの言葉とされます
「パンがなければケーキ食べればいいのに」ではありませんが、来年はパンの代わりに
タマネギをカジって生きていく覚悟でございます!

そんで昨日今日と、この爪楊枝みたいなタマネギの苗を一本一本
定植して行きまして、4箇所に作った苗床のうち一箇所分の苗を
畝に定植しおわりましたです。ざっと600本以上ありましたんで
単純に計算して、残り1800本ですね・・・

新たに畝を用意するだけじゃ足りなそうなので、また開墾しなきゃならないのかな?
なんだかイチゴの定植でバタバタしたまま、休耕田の作業も中断したまんまだし
あっちもこっちもやらなきゃならんのに、雨降り続いてるし気温はどんどん下がっていくし・・・

以上。窓際のトットちゃんならぬ、土俵際のオデンカちゃんでした(笑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



関連記事

間引きしながら考える

家庭菜園やってて何が辛いって、そりゃ夏の暑さも冬の寒さも
辛いって言ったら辛いんですけど、何よりも私が辛いのは
「間引き」ね。ほんとこれ人間社会に置き換えますと
私なんぞ、常に間引かれる側の人間ですからね・・・
今まで何度この間引きが原因で家庭菜園をやめようと思ったことか(笑

成長の良いものだけを選抜して残して、周りのカヨワイ芽たちは
ごっそり抜き取ってしまうなんてもう、毎回胸が締め付けられるような思いで

「ごめんよごめんよ・・・キミは僕なんだよ・・・」
「ごめんよごめんよ・・・僕もキミなんだよ・・・」
「仕方ないんだよ・・・本に書いてあったんだよ・・・」

そうやって涙堪えて摘んでいました。なんていうのはもちろん嘘なんですけど(笑

自給用野菜ってのは出荷するわけでもなし、そのへんアバウトですからね
「てめ~このやろオマエがいなければ、まわりがもっと育つんじゃ~」
なんて言いながら、あえて育ちの良いものを間引いてしまうのもありですし
特に葉物野菜なんかでしたら、成長の早いものから順番に間引いていったほうが
それこそ大きいの一本抜き取るだけで、周りのがグンと成長しますもんね。
出荷サイズまで待たず、育ちの早いのから食べていけばいいのですから
それなので躊躇なく間引けていいです。

ですから自給用の畑ですと、通常スーパーで売ってるような形やサイズになるまで
畑に残ってるのって、一番成長の遅い遺伝子的に劣っている
劣等生なわけです(笑
すごいでしょ?桧舞台に上がるのは人間社会でしたら書類選考で弾かれるような
奴ばかりなんですよ\(^o^)/


お店で売ってるのと比べても見劣りしないくらいにまで成長した小松菜の畝を見ながら

「よく最後まで生き残ったぞ劣等生諸君!」と我ことのように嬉しくなりますね(笑

このように家庭菜園においては、一番大きい栄養を食うやつから
どんどん抜き取っていけば、栄養分の再分配が行われるわけですが
資本主義社会ではそうはうまくいきませんね。金持ちや権力者が
何人かいなくなった所で、自分にチャンスが転がり込んでくるなんてことはありませんからね(笑

ですから間引かれてしまわないように頑張りましょう!という話なんですけど
人間には植物と違って、脚も手もついてることですし間引かれそうになったら
逃げまわったり、戦ったりするのもありですかね?

いずれにしましても、家庭菜園と人間社会を、同じ土俵で比べるには無理がありましたね
どうもすいません^^;

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村






関連記事

不思議そうで不思議じゃないノダ。

「ステイハングリー!ステイフーリッシュ!」
ジョブス


「飢え続けろ!馬鹿でいろ!」
い


画像が違うだけで全く違う言葉になるんですね。
国民を騙し続けようとしてる奴の台詞に聞こえてしまいます。

日本語と英語の違いかしら?なんて思いまして画像を入れ替えて見ましたが
どうやらそうではなさそうですね・・・誰が発した言葉であるかのほうが
重要なようですはい(笑

どなたか日本の政治家で、このジョブスさんのセリフを当てても
しっくりくるような、そんな素敵な政治家の人いらっしゃいませんか?



ステイアングリー!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


関連記事
[ 2011/10/28 20:27 ] おでん日記 | TB(0) | CM(2)

「足るを知る」とタマネギの定植準備。


「足るを知る」なんて言葉よく耳にしますけど、いま流行ってるんですかね?
生まれてこの方、ずっと不景気な時代しか生きてないような人たちですとか、
食うものにも困っているような貧しい国の人からしてみましたら
「バカヤロー!なにもかも足りないんじゃ!」とお叱りを受けそうな気もしますの
もありますし、「足るを知る」のは、そういった恵まれた時代ですとか、比較的裕福な環境の方に
ひとまず任せまして、私のようなものは「足らないを知る」こと、つまりなにがどれだけ
足りないのかを、何が必要で何が不要なのかを、まず正確に知ることが大切そうですね。

そうすれば私のように「ジャガイモとパセリの耕作面積が一緒」なんていう
馬鹿げた家庭菜園をしなくて済むのです。

どんだけパセリ食う気ですか私は・・・・・・・(T_T)

つまり「足らないを知る」とはそういうことです(笑




・・・・


今まで自炊というものをして来なかったので気付かなかったのだが
田舎に越してきて、3食自分で作るようになって2年弱。
我家で消費量ナンバー1の野菜はタマネギであることが、先日の
家族会議で明らかになった。タマネギと最後までナンバー1の座を
争ったキャベツは、他の葉物野菜で代用出来るシチュエーションが
結構あるのに対して、タマネギはその代用物が見当たらいなというのが
選考基準に大きく影響したわけですが、つまりタマネギはたくさん作る必要が

あるという判断が、嫁によってくだされたわけです・・・

・・・・


昨シーズンは見事失敗したよ。ニンニク程のサイズのタマネギが
100個ほど採れただけに終わりましたので、今年はサイズはもちろんですが
個数も大幅に増やして、年間消費量分のタマネギを自給できるようにと
の指令が出ましたので、何としても成功させて家の周りをタマネギの暖簾で
埋め尽くさなければなりません。

まず昨年の失敗の原因を考えてみたのですが、まず第一に育苗用の苗床を
発泡スチロールの容器に土を入れて、そこへ種蒔きしたのですが、入れた土が
もちろん無肥料のカスみたいな土でしたので、「鉛筆くらいの太さで定植」との
家庭菜園入門の指示通りに、成長を待っておりましても、いつまで経っても
成長せず、定植時期を大幅に過ぎた上に、結局「鉛筆の芯くらいの太さで定植」
するハメになってしまったことが、原因と考えられます。

もう一つは種まきの時期です。なんでもタマネギ栽培でもっともムズカシイのは
種まきの時期を外さないことだとの記述が菜園の本にありましたが、これも去年は
失敗した模様ですので、今年以上の2点を考慮し、種まきは時期と場所を
すこしずつずらしながら、苗床は発泡スチロール容器ではなく、直接畑に畝を
作り苗床とすることにしました。



先日野生動物に苗床の一部を荒らされはしましたが、昨年に比べますと
苗自体はかなり順調に育っていると思われます。このまま「鉛筆の太さ」まで
成長を待っていたいのですが、極力間引きはしたくないのと、土づくりというものを
行なっておりませんので、いち早く適性な間隔に定植して行ってやりたいと思います。

その前に畝つくりですね・・

調子に乗って苗床を30mくらい作ってしまったので、それに見合った
定植場所を確保しなければならないのすが、

私の計算ではブロッコリーをはじめ、ピーマンもシシトウもナスもトマトも
とっくに撤収済みの予定でしたが、いまだ収穫が続いておりますので、
どれもまだ処分するのは勿体無いのでギリギリまで粘ります。

1028タマネギ予定地一部

とりあえず6m7mの畝を3本用意して見ましたが、
これでは苗床よりも短いですね・・・・

全然足りません・・・・

足らないを知るとは、つまりそういうことです(笑


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


ながながと書いておりますが、要は定植場所が足らんということだけなのです・・・
ちなみに脳味噌が足りないのは自覚してますので、そこは皆さんふれないで下さいね(T_T)
関連記事

私が父と祖父に教わったこと。

私が父親と祖父に教わったこと。


私は祖父の顔を見たことがない。

祖父は私の父が生まれて間も無く30代半ばで亡くなっている。

私の父も同じく、妹が生まれて間も無く、私が5歳の誕生日を向かえる直前に
他界している。

つまり直接なにかの教えを受けたことなど、あるわけではいが
二人の死は私の人生に大きな影響を与えた。
母子家庭に育ったからどうのとかそういうことではなく

「平均寿命なんて当てにしね~^^」

ってことだ(笑

だってそうだろ考えても見てくれ、田舎に法事行ったりすると
先祖代々の遺影だか(昔のは絵だったりするけど)飾ってあるけど
祖父だの曽祖父だなんていったって、みんな今の俺より若くて
ピチピチしたまま逝っちゃってるんだぜ(笑

よくもまあ今まで血が絶えなかったもんだって感心しちゃうよほんと\(^o^)/
そんなことだから自分も、結婚していざこどもが生まれるって時に
もし赤ん坊残して、自分の親父みたいに死んじゃったら、この子かわいそうかな?
って嫁さんのでっかくなった腹を見て心配したけどね。父親がいなくても
結構それまでの人生満足してたし、きっとこいつも楽しんでくれるだろうってね・・・


まあそれはさておき「平均寿命」ね、こんなもんハナから期待してないわけですよ
小学生低学年の頃からすでに、ノストラダムスの大予言よりもリアルな
終末の予感を感じながら、父や祖父が亡くなった30代半ばをゴールというか
タイムリミットと思って生きてきましたから。だからせっかちなのかも知れませんね^^

私、父親の仏壇に手を合わせたりしたことなんて、数えるほどしか無いですけど
私が父の亡くなった年齢になりまして、「この世の生存期間」で父を抜いたときに
あの鐘みたいなのをチーンチーンて引っぱたきながら「勝ったぞ父ちゃん!」
て自分より年下になった親父の仏壇に手を合わせて報告しましたです。





なんだか1つ大きな義務を果たしたような気分になりましてホッとしましたよ。
そんで自分の親父が死んだ年齢に並んだその年、私は田舎に越して第2の人生スタートしました^^;

いままで何回も人生やり直してる気もするけど、たぶん今までのは
1・50とか1・60とかFirefoxみたいなので、今度は
ほんもんの第二の人生ですv(。・ω・。)ィェィ♪


これからまだ二人の子供の為に、いろいろと世話焼いてやらんとですけどね
つねにロスタイムだと思って、いつ笛が鳴っても後悔がないように・・・
いや後悔はするね^^
くっそ~いま良いところなのに~!ってボール叩きつけてブ~ブ~文句言いながら
逝きたいな\(^o^)/

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村






関連記事
[ 2011/10/26 22:30 ] おでん日記 | TB(0) | CM(6)
スポンサードリンク
スポンサードリンク
ブログランキング

オデンカ・ユドウフ

Author:オデンカ・ユドウフ
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

全記事ってのクリックすると過去記事全部出るの知ってました?私知らんかった
 
ブログ内検索
電卓
電 卓


QLOOKアクセス解析