FC2ブログ

オデンカ・ユドウフ

貧乏だけど趣味は持ちたいし、なるべく楽しく暮らしたいのです

こんな夜に聴きたい曲





ものすごい風と雨・・・

窓どころか屋根ごと飛んでいってしまいそう。

明日、畑を見るのが怖いな・・・


収穫中の野菜は、きっとなぎ倒されてることだろう。

芽を出したばかりの物は、畝は水没してダメになり
蒔いたばかりのタネは、雨に流されてどこかに行ってしまう・・・

それでもめげずに、またタネを蒔くんだから
よっぽど楽しいんだろうな・・・って我ながら思う。



にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



関連記事

「たった3秒で人生が変わる」


3秒



まずは時計の針を見ながら「3秒」声に出してカウントして欲しい。


1・・・2・・・3


はい3秒。


この3秒というのは、ウサイン・ボルトが100Mをゴールした瞬間から
一緒にスタートした超一般人の私が、遅れてゴールするまでの時間です。




たった3秒の差で、ボルトと私、まったく違う人生を歩んでおります。
いえ歩んでいるのは私で、ボルトは走ってますが・・・


先程、3秒間をカウントしてみて長いと感じたでしょうか?

短いと感じたでしょうか?




力が強かったり弱かったり

イケメンだったりブサイクだったり

背が高かったり低かったりで

まったく違う世界にも思えますが


所詮3秒程度の違いでしかありません。



アンドレ・ザ・ジャイアントと私の身長差は
台所に転がってる長ネギ1本分の差しかありませんし

世界一俊足のボルトでさえ、3万円で買ってきた中古の原付バイクに
買い物競争で負けてしまいます。


もちろん私が何十年と鍛錬し筋肉を付けても、ミニユンボの足元にも
及びません・・・・


天と地の間にも、雲と泥の間には
言ってみれば長ネギ1本分くらいの空間でしか無く
そのスペースで70億人が背比べをしているようなものなのです。 

案外、私達が「雲の上の人」と思っているような存在の人で
長ネギを振り回したら、その後頭部を引っ叩くことの出来る距離にいるのかもしれませんね。


とくに何が言いたいわけでなく
なにか閃いた訳でもありません。



「たったの3秒で人生変わるんだな・・・・」と。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


関連記事
[ 2012/09/30 17:06 ] 年収10円時代を生き抜く経済学 | TB(-) | CM(0)

墓穴を掘った。急遽畑仕事の巻



昨日のつづき。

昨日、シルバー(仮名)が息を引き取りました。




「このくらいの大きさあれば大丈夫かな?」

両腕を腹の前に置き、ニワトリを抱いた時の大きさをイメージした私は
倉庫に行き、棺桶用の段ボール箱を取り出してきた。


そっと横に寝かせて入れてあげられるサイズの棺桶を用意したつもりだったが
いざ、箱に収めようとすると、死後硬直のため
ピンと脚を伸ばしたまま硬くなったシルバー(仮名)には小さくて合わない。


「縦にしたら入るかな??駄目だ・・・」

「ひっくり返して脚を上にしたらどうだ?ん~駄目だ合わない・・・」

「対角線の長い方に合わせて・・・うんしょ・・・」

など格闘していたら、カチカチになってるはずのシルバーの首が
ゴロンとコチラを向いて倒れた。

「ごめん・・・」

紫色に萎びたシルバーのトサカが、ザラザラした段ボール箱にこすれて
出血したのだろうか?箱の内側に赤いものが付いていた。

無理やり小さな段ボールに収めようとしたことを、私は少し悔いた。


「なんか丁度良い箱ないかな・・・」

再び倉庫まで段ボール箱を漁りに行くのを億劫に感じた私が
あたりを見渡すと、「冷暗所にて保管」してあるジャガイモの入った段ボール箱が
並べてあるのが目に入った。


「これならいいだろうと」その内の1つを選び
中に入っていたジャガイモを、箱をひっくり返して
庭に転がした。

今日 003


「オッケーオッケーこれならいいだろシルバー」

紙製の棺桶を抱えた私は、ジャガイモをぎっしり入れても大丈夫だったこの箱なら
移動中に底が抜けて、シルバーの亡骸を地面に落としてしまうこともないだろうと
そのまま自転車の前かごに積み、埋葬先である畑へと向かった。


シルバーの墓は柿の木の下にすることにした。特に理由はない。

段ボール箱を傍らに置き、剣スコップで墓穴を掘りながら私は思った。


・・・・・

ほんとはさ~こういうの埋めちゃうより
そのまま置いといたほうがいいんだよな~

だってさ~鳥って普通、土の中で死なないじゃん?
雑草を刈った時だって、乾燥させてない生の刈草入れたら
なっかなか分解されないじゃん?死にたてホヤホヤの新鮮遺体を
埋めて良い訳ねーよなー

だいたいこれ、他の動物にしてみりゃ御馳走だからね。
狸だとかそいういった動物が食べちゃえばすぐに肥やしになって
土に還れるんだろ?それをわざわ隠しちゃうって自然に反するよな・・・
それでいいの?俺の自給自足はそういうのなの?サバンナのインパラだって
最初はライオンが食べて、そのあとハイエナが食べて、その次にハゲタカ?
そうやって大きいやつから順番に食べていってさ、最後にハエだの微生物の登場だろ?

み~んながお腹一杯になれるのに、いきなりすっとばして
「ほらお前ら御馳走だぞ!」って土の中の微生物に、生のチキンをまるごと
与えちゃって良いの?生まれてから一度も、地上に顔出したことない
微生物にチキン与えて、食い方わかるの?フィンガーボールの水、飲んじゃったりしない?
だいたいそんな小さな体だったら、バナナはサッちゃんに半分貰えばいいだろ?ほんとだよ?
なんで?なんで俺は穴をほるの?
目の前で腐っていくのが気持ち悪いだけだろ?そうだろ?
隠したいだけだろ?
土の中でドロドロに分解されていく分には、見えなからOKなだけだろ?



などと考えスコップを握る手を休めていると
頭上の柿の木の枝にとまった三羽のカラスが、ギロリとコチラを睨んだ・・・



「おまえらにはやらないよ~だ」


私は予定していたよりも、深く墓穴を掘り、シルバーを埋めてやり
畑の作業はしないで、そのまま家に帰った。





・・・



私「おい、ここに転がしておいたジャガイモどこやった?」

嫁「そこにあった箱に入れといたよ!ちゃんと出したら片付けなさいあんた!」



なんだよおまえ!

鶏の死骸入れてあーでもないこーでもないやった箱に食いもん入れるなよ!

キタネーなー!

体液付いてるの見えなかったのかよてめー!



などといえるわけもなく、そのままジャガイモの入った箱を抱えて
畑へもどり、遅すぎる秋ジャガ栽培用の種芋として埋めることにした・・・



「やあシルバー♪寂しかっただろ?戻ってきてやったぞ♪」




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






関連記事
[ 2012/09/28 22:23 ] 鶏飼育。 | TB(-) | CM(8)

「適材適所ってのは大切だな・・・」 その1

私のこのブログね。そもそもあまり需要のある内容でもないから
見てくれている人も少ないんだけど、中でもとくに不人気なのが筋トレカテゴリーだね。

僕の目指している「明るい老後計画」にも、「貧乏節約生活」ってのにも
健康かつ強靭な肉体ってのは、大いに関係しているというかさ
心と肉体の調和なしではなかなか難しいんだよね・・・

強靭な身体を保つってのは、家庭菜園で野菜作って食費節約したりするより
何倍も節約になるし、老後のための蓄えだの計画だってさ、病気がちだったら
予定通りになんか、ことが運ばないもんな・・・


ってわけで他のカテゴリーと同等かそれ以上に、私に取っては
重要ですので、なくしてしまうわけにも行かないんだけどさ

なんせ需要がないのは、筋トレに関する記事を投稿するたびに
ガクンと下がるアクセス数を見れば明らかだからね・・・





ようするに新しく始めたブログの宣伝^^

↓こちらもよろしく


筋トレに関するブログを始めました


↑こちらもよろしく


当ブログの不人気カテゴリーを隔離するつもりで始めたんだけど
なんかアクセス数でこっちに追いつきそうですわ・・・\(^o^)/



やっぱり適材適所っていうかさ、そういうのあるよね。


にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

 amazonでこの商品の詳細を見る
      amazonでこの商品の詳細を見る

関連記事
[ 2012/09/28 13:37 ] おでん日記 | TB(-) | CM(2)

今朝、シルバー(仮名)が息を引き取りました。

自給養鶏Q&A―エサ、育すう、飼育環境、病気、経営
自給養鶏Q&A―エサ、育すう、飼育環境、病気、経営




いつだったかな~
たぶん一年前くらいなんだけど、飼ってる鶏のうちの一羽が
突然ふらふらしだしてさ「あれ?もう寿命?」なんて思ってたら
どうやら脚を怪我してたみたいで、ビッコ引いて歩いてたんだよね。
で、どうしたら良いのか分からないから、割り箸を添え木にして
そいつだけ他の鶏とは別行動させてたんだよな・・・

一緒にしておいたら、絶対に餌なんてありつけないからね。
病人だけVIP待遇で餌を皿に盛ってあげて、別室でのんびり
お食事とらせてやったりしたんだ。

ピョコピョコ脚を引きずりながら付いてきて可愛いかったな~
俺はそいつにシルバーって名前つけて、肩に乗せたり特別かわいがってやった。
シルバーっては小説宝島に出てくるジョン・シルバーね。

しばらくして、すっかり怪我も良くなったみたいだから元の小屋に戻してやったら
あっという間に、どいつがシルバーだったのか分からなくなっちゃったし
あんなに俺になついてたのによ、そんなそぶりみせもしねえんだ。

なついてたって言うより自分で餌取ってこれないから、餌くれる人に
付いて回ってただけなんだろうけどね。

まあとにかく、どいつがシルバーだったかなんて次の日にはもう区別つかないし
そういう名前を鶏に付けた事、自体も忘れてたね。


ところが2週間くらい前だな。
外出してて餌をあげる時間が遅くなってさ、今からあげるんじゃ遅いかな~
なんて日没後の暗くなったニワトリ小屋を、そっと覗いてみたら
案の定、もう止まり木の上に並んでるんだよな。

まあいいや明日にしよう。と再び小屋の扉を閉めようとしたら
扉の下に一羽うずくまってんだよね。
どうしたのかなと思って、他の鶏に気付かれないように抱き上げたら
そいつどうしたことか、ものすごく軽いの。
なんか発泡スチロールの箱みたいにフワって・・・

ありゃりゃこいつもう長くないのかな?って思ったんだけど
地面に下ろしてみたら脚を引きずってるんだよね・・・

最近ずっと餌を投げ入れるだけで、一羽一羽の健康状態を
チェックしたりなんてのは元々やってなかったけど
抱き上げたりして遊んでやることもなかったから気づかなかったんだろうね。

こいつきっと毎晩一羽だけ、停り木まで飛び上がれなくて
ずっと地面で寝てたんだろうな・・・
もしかしたらエサも食えてなかったのかもしれないね
それくらい身体が枯葉みたいにスカスカだった。


そんでまた別室に連れて行ってエサをやりながら思ったんだ。
「こいつシルバーだな?」ってね。

また同じ所を傷めたのかな?
それとも歳を取って怪我した後遺症がでてきたのかな?

他の鶏と一緒に行動させると踏み潰されたりして怪我が悪化するんじゃないか
と思って、シルバーが庭で遊んでる間は、他のニワトリは小屋に閉じ込めておいて
俺がマンツーマンで散歩してやったりしてさ、その間ずっと地面突いてるんだけど
弱ってるからミミズも捕まえられないし、クチに咥えさせても
それすら飲み込めないんだから参ったよ。

仕方ないからホームセンター行ってヒヨコ用の細かい配合飼料を買ってきて
与えたら、ずっと俺の顔見ながら食べてた。
エサを前にしたら普通は一心不乱、人間なんていたって目もくれないんだけどね
ニワトリのくせに目に涙ためて、俺からずっと目を離さずにエサを突いてるんぜ。


もしかしたら、また前みたいに元気になるかな?
なんて少し期待してたけど、体重はどんどん軽くなっていくし
仮住まいの衣装ケースなんてたったの30cmくらいしか深さがないのに
その高さも飛び越えられなくなったと思ったら

2,3日もしないうちに自分で歩いてても転ぶし、転んだらもう二度と自力では
立ち上がれなくなってしまうまで、あっという間に弱ってしまった。

それでもエサを顔に近づけると一生懸命突くんだよな。
突いてるだけで喉の奥には入って行かないんだけど・・・

生きようとする力って凄いんだな。


エサをつついていたクチバシが止まったかと思うと
マブタが下から上がってきてね、ニワトリって下から閉じるんだぜまぶた。
赤ん坊みたいにエサ食べながら寝ちゃうしね


「えっ?死んじゃった?」

なんておもって心配してると、ハッと目を開けて

「いけね、いけね、私、クチバシ止めたら死ぬんだった」ってまた突き始めるんだよな。

お~っ驚かせるなよ~!

なんてほっとしてるとまたウトウトし始めて

ハッ!

ウトウト~

ハッ!

ウトウト~

ってね。



それを何回か繰り返したあと、ほんとに死んだ。




今日 003

すぐにカチカチになって、なんだか生きてる時より重くかんじたな・・・



にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

これ、書いたあと読み直してないんで
無茶苦茶な文章だと思うけど勘弁。


続きはこちらから♪


関連記事
[ 2012/09/28 02:44 ] 鶏飼育。 | TB(-) | CM(4)
スポンサードリンク
スポンサードリンク
ブログランキング

オデンカ・ユドウフ

Author:オデンカ・ユドウフ
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

全記事ってのクリックすると過去記事全部出るの知ってました?私知らんかった
 
ブログ内検索
電卓
電 卓


QLOOKアクセス解析